えっ!どうして?現金化の換金率が変動するのか調査してみた

まだ、クレジットカード現金化をしたことがない人からしますと、どんな金策なのかわかりません。

中には、クレジットカード現金化を利用したことがある方でも未だに内容を理解していないこともあります。

この両者がクレジットカード現金化の仕組みを把握せずに契約を試みましても業者の思うがまま換金率を引き下げられてしまい取引をしてしまうでしょう。

そういった事態に陥らないためにはショッピング枠を使った現金化の換金率について知識を得る必要があります。

今回は現金化の換金率が変動するのか調査してみました。

クレジットカード現金化って何?

クレジットカード現金化とは?
大至急お金が必要になっても蓄えがなく家族にさえお金を借りなければどうしますか?

大半の人はアコムやプロミスからの借入を考えるでしょう。

消費者金融で借入をすれば誰にも迷惑もかけませんし選択肢としては打って付けの金策です。

しかし、借入をしたくても融資を受けるまでには消費者金融の審査がありますのでお金を借りるまでには時間がかかるのがネックです。

仕事をしていない人、定職に就いていないフリーター、ブラックリストに名を連ねてしまっている人ですと返済能力が無い印象を与えてしまいますので審査がとおらず借入ができないでしょう。

また、お金を今すぐに用立てたい方や審査通過しそうにないと感じた方は、消費者金融でお金を借りることは避けるべきです。

だとすれば、上記の人たちには金策できる手段は絶たれてしまったと言うべきなのでしょうか?

そんなことはなく、唯一残された方法が一つあります。

本人名義のクレジットカードをお持ちの方に絞られてしまうのですが、ショッピング枠が残っているならばお金に替えてしまうことができます。

つまり、クレジットカード現金化のことです。

クレジットカード現金化って何?と聞き返してしまう方もいると思うのですが、消費者金融での借入とは違い審査不要でお金を得ることができます。

それだけでなく、取引業者によりますが申し込み依頼をした当日でも現金手配ができるので利便性にも長けた金策です。

どうして換金率は変動するのか

現金化の換金率は変動する
クレジットカード現金化が登場してから何十年も経ちますが、当初は買取方式しか無かったのです。

昔は新幹線の回数券をクレジットカードでお買い求めていただき現金化業者が換金を行い買取代金を手渡すやり方が主流でした。

現在の買取方式はルイ・ヴィトンの高級品や人気ゲームソフトの電化製品類をクレジット決済で購入してもらい業者が換金するという方法に変わったのです。

それから年月は経ちネット社会になってからというもの、店頭取引ではなく自宅や会社のパソコンでクレカの現金化ができるようになりました。

これが、今では主流のキャッシュバック方式です。

この現金化の取引内容は業者が指定する通販サイトで特典付きの商品をオンライン決済で購入すると同時に定められた換金率によってキャッシュバックされる方法です。

しかし、現金化業者から振込まれる金額は換金率によって変わります。

どうして換金率は変動するのでしょうか?

現金化業者によって換金率の設定は異なる

現金化業者によって換金率が異なる
各現金化業者の換金率はそれぞれ違います。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

すべての現金化業者が設定している換金率が同じ数値であれば何店舗もある必要がありません。

イトーヨーカドーといなげやで販売されている人参で例えてみましょう。

どちらのスーパーで売られている商品を買うのかと聞かれれば品質状態が良い方を選ぶかと思いますが10円でも安い野菜を購入する人の方が多いでしょう。

現金化業者によって換金率は異なるので数値を高く設定している店舗を選択することが大事です。

現金化業者の利益のため

現金化業者の利益
クレジットカード現金化は使用するショッピング枠によっても換金率は変動します。

お申し込み金額が換金率に関わる理由は現金化業者の収益のためです。

ショッピング枠現金化は最低申し込み金額は1万円から可能ですが、小額と高額利用に対して換金率を同率にしてしまいますと業者の収益率が下がってしまいます。

仮に申し込み金額大小関係なく一律換金率90%保証とした場合の仮説を立てます。

ショッピング枠5万円で現金化をした場合、契約者には45.000円が振込まれるわけですから業者の利益は5.000円です。

では、ショッピング枠100万円で申し込みをした場合は、利用者には90万円が送金されるので業者は10万円の利益を得ることができます。

いづれも同率になるわけですが、ショッピング枠5万円分を現金化したとしてもごく僅かな収益しか出ません。

クレジット現金化をする人は金策以外にもカードで買物をしていることもありショッピング枠残高が少ない状況なので、小額の申し込みになってしまいます。

ショッピング枠5万円利用で換金率80であれば契約者には4万円が振り込まれ現金化業者の収益は1万円です。

換金率90%であった場合と置き換えますと5.000円も利益に差が出ます。

こういった事情から、クレカ現金化の換金率は業者の利益のため変動するのです。

クレジットカードの種類やブランドによって変わる

クレジットカードの種類
みなさんがお持ちのクレジットカードは発行元やブランド名などがそれぞれ違います。

大まかに国内発行のクレジットカードは「Visa」「Master」です。

海外を代表するカードは「JCB」があることはご存知でしょう。

種類でいえば、TSUTAYAで作れるT-PLUSやネットバンクで国内最高峰のネット通販の楽天などがあります。

先程、現金化の換金率はショッピング枠によって変動すると申しましたが、使用するクレジットカードによっても変わるのです。

現金化をするクレジットカードによって換金率が変動するのは悪質店と契約した場合と正当な理由があると言われています。

悪質現金化業者と契約した場合

悪質現金化業者
今からお話することは「クレジットカードの種類やブランドによって変わる」に似ているのですが悪質現金化業者と契約した場合も換金率は引き下げられます。

悪質現金化業者と聞けばぼったくられるという印象を持ちましますが、まさしくそのとおりです。

しかも、換金率が低く見積もられるのは利用者のクレジットカードのせいにして自分たちは何も悪くない素振りをします。

因みに、私が三井住友銀行のVisaカードを使って現金化したいと即日ギフトに申し込み依頼しましたら以下のように返答されました。

「このカードですとクレジット信販会社がうるさいので高換金率は見込めませんがよろしいですか?」

このように、なぜカード会社が現金化をすることによって文句を言ってくるのかがわかりません。

しかし、不透明な理由で換金率を引き下げられたとしても、今すぐお金が欲しい方なら承諾してしまい契約を交わしてしまいます。

即日ギフトの公式サイトには「最高還元率97%」と表示されているのにも関わらず、平気な顔をして60%代まで引き下げてくるのです。

正当な理由とは

換金率が低くなる正当な理由
クレジットカード現金化で換金率が変動する正当な理由とは一体どんな事情なのか申しますと今まで話してきたとおりです。

クレカの銘柄により現金化業者の端末で決済をするリスクがあったり手間代として換金率を低く見積もります。

クレジット決済手数料はカードによって金額が違うため変動してしまうのです。

特に「AMEX」に関してはどの現金化業者も間違いなく換金率を低く見積もる傾向にあります。

アメリカン・エキスプレスは他のクレカとは違って年会費が万単位となり作るにはそれなりに社会的地位が高い人ではないと持てません。

上記のカードを所有している人ならばお金に困ったときは信用もありますので消費者金融で借入ができるでしょうから、ショッピング枠を使って現金化はしないでしょう。

仮に現金化をするとしてもキャッシュバック方式は海外端末をとおしてショッピングをすることになりますので、国内にいる方が外国でショッピングをしているのは不自然です。

カード信販会社は登録している個人情報をもとにどこに住んでいるかということを判断しているので、海外に在住しているわけでもないのに国内で買物をしていないことは不信感を募らせます。

お持ちのクレジット枠で現金化をしていることが発覚した場合はカード利用停止はもちろんのこと強制退会を命じられるのです。

同様に現金化業者も何らかの処置を受けることになり、逮捕されたこともあるくらいです。

そういったリスクが生じることから使用するクレジットカードによって換金率を低く見積もるのでしょう。

業者としては何が何でもクレジット信販会社にだけは現金化を商売にしていることを悟られることを避けたいのでリスクを背負いたくないため、利用者のカードによっては申し込みを拒むこともあります。

換金率をできるだけ引き下げずに契約する方法

換金率を引き下げずに契約する方法
クレジットカード現金化がしたくて業者と契約を交わそうとしても換金率を随分と低く見積もられてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

お申し込み金額や現金化業者の換金率設定により引き下がってしまうのはどうしようもありません。

現金化の換金率は変動することを知っている上で業者に申し込みしているわけですから、依頼者も妥協しなければなりません。

とはいえ、カードによって変動する換金率はできるだけ引き下げずに契約することができるのです。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

悪質現金化業者はどのようにして換金率を低く見積もるかしか考えていません。

したがって、換金率90%と表示されているのにクレジットカードのせいで随分と引き下げられるようであれば契約しないことです。

現金化業者はユーザーがいなければ経営が成り立ちませんので無謀な換金率設定をしているばかりいては収益を得ることができません。

あまりにも足元をすくうような換金率を提示してくるようならばあしらってしまいましょう。

すると、現金化業者から連絡があり換金率の交渉をしてくるので、その際に妥協できる数値を設定してくれるようであれば契約をしてください。

現金化業者の言っていることは真実も述べていることもありますが虚言が多いですから、すべて聞き入れる必要はありません。

ゼロから始めるショッピング枠現金化入門サイト【SmartChoice】へのTOPへ戻る

今すぐにお金が必要な方必見!現金化優良店ランキング!

換金率と安全性の両方を実現!


プレミアム

【プレミアムの特徴】
  • ◆換金率80%以上!
  • ◆24時間365日営業!
  • ◆新規利用者も30分以内に入金!
  • ◆家族・会社に内緒で利用可能!
  • 換金率利用限度額取引最短時間
    80%制限なし5分
    新規取引スピード担保・保証人おすすめ度
    平均15分不要

    プレミアムは換金率80%以上で年中無休で営業している業者です。

    24時間365日営業しているため、いつ申し込みをしても即日現金化ができます。

    また、入金処理に関しても24時間反映される銀行口座で行われるため急ぎで現金が必要なときも安心です。

    公式サイトへ詳しく知りたい方は

    初回利用で換金率UP中!


    いつでもペイ

    【いつでもペイの特徴】

  • ◆最大換金率80%~92%!
  • ◆初回利用ならさらに換金率UP!
  • ◆24時間365日いつでも対応!
  • ◆家族・会社に内緒で利用可能!
  • ◆最短3分で1,000万円まで即日対応!
  • 換金率利用限度額取引最短時間
    80%~92%1,000万円(即日対応)3分
    新規取引スピード担保・保証人おすすめ度
    平均25分不要
    いつでもペイは運営実績の長い大手の現金化業者です。換金率は最低でも80%以上が保証されており、新規利用者ならさらに換金率を優遇してもらえます。
    また、カスタマーサポートも充実しており、無料相談・見積りも可能なので申し込みをしなくて入金額などの見積りも出してもらえます。
    金額によっては換金率が跳ね上がることもありますので利用額が大きい方はいつでもペイに問い合わせをしておきましょう。

    公式サイトへ詳しく知りたい方は


    24時間営業いつでも対応!


    【すぐマネの特徴】

  • ◆各種手数料が完全無料(負担0円)
  • ◆完全WEB完結で取引可能
  • ◆商品の受取り等の手間は一切なし
  • ◆個人情報は完全守秘!
  • ◆24時間いつでも現金化可能!
  • 換金率利用限度額取引最短時間
    80%以上確定制限なし10分(新規)
    新規取引スピード担保・保証人おすすめ度
    平均30分不要最高
    すぐマネは手数料を無料にすることで、80%以上の換金率を実現した業者です。
    24時間いつでも対応してもらえるので、他社の利用できない深夜や朝方でも安心して現金化ができます。
    また、期間限定で新規利用者の換金率がUPするキャンペーンを開催していますので、この機会にぜひ使ってみて。

    公式サイトへ詳しく知りたい方は